記事:高身長の世界をVRで叶えようのイメージ画像

高身長の世界をVRで叶えよう

特集

Writing:
ラソナ編集部
出演:
金城由季乃他2人

前回までのあらすじ

これまで「おもてなし」をテーマに進めてきたラソナブログ。しかし次第におもてなしというコンセプトは忘れ去られ、ブレブレの内容を展開してきたのであった。

そこで我々は緊急対談を行い、ラソナの理念である「みんなの夢を支援する会社」をもとに、「スタッフひとりひとりの夢を叶えていく」という新たなコンセプトが打ち出されたのであった。

RAZONA沖縄事務所

はい。というわけで、始まりました。「スタッフひとりひとりの夢を叶えていく」企画。

なんだかみんなの夢を叶えるってワクワクしますね!

それじゃあまずは記念すべき1人目からいってみよう。

失礼します。

早速だけど、金城の夢ってなに?

私身長が低いじゃないですか。なので背の高い人に憧れがあるんです!いったいどんな風景が見えるのか気になります!
なので私の夢は「高身長の人が見ている世界を体験してみたい」です!

なるほど…うん。じゃあ2人で相談してみるわ。

よろしくおねがいします!
それでは失礼いたします!

うーん…。いきなり難しいやつ来ましたね。

とりあえず高身長を実現する方法を考えてみよう。

金城を竹馬に乗せる。

あ、それIT企業としてアリなんですか?
クリエイティブカンパニーなのに?

じゃあこうやって大砲的なものでドーンって。

社員が1人減りますよね。確実に。

うーん…。なんかないですかね…。

………!
ひらめいた!

お!なんですか?

まずは機材が必要だな。
ちょっと廣瀬手伝ってよ。

こうして設計図から機材を作成する2人。果たしてスタッフ金城の夢を叶えることはできるのだろうか。

3時間後

失礼します!
ついに私の夢が叶う時が来たんですね…!

おう。準備万端。
完璧な仕上がりだ。

まずはこれを着けてもらおうか。

…これは?
…!まさか!これ*VRゴーグルですか?!

VRゴーグル
VRとは「ヴァーチャルリアリティ」の略。現実ではないものを人間の感覚器官に働きかけて、疑似体験できる技術のこと。VRゴーグルは視覚的にVRを体験することができる装置のことである。

そうだ。まずは装着してみてくれ。

…あれ?
これ、着けても何も見えませんよ。

そこでこの装置の登場だ。

え…?なんですか?その気持ち悪いの。

まずVRゴーグルの中には映像受信用のiPhoneが入っている。このiPhoneは別のiPhoneのカメラの映像をwifi経由で受信している。

送信側のiPhoneをこのマネキンに差し込んで…。

これを金城の頭の上に乗せることで、擬似的な高身長の風景をVRゴーグルを通して見ることができる、という仕組みになっている。

完璧ですね!

なんだかすごいですけど、これ、わざわざ人形にする必要あったんですか…。

ラソナ会議室では高さが足りないため、会社の施設内の特に天井が高いエリアに移動。いよいよ夢が叶う瞬間である。

VRウェアで夢を叶える

ここなら天井の高さは大丈夫そうだな…。
よし金城、まずはヘルメットからだ。

ヘルメットの上に送信カメラを搭載したマネキンを乗せて…

服を着せれば…

さあ!金城、これが高身長の人の世界だ!とくと味わえ!

何も考えずに作りましたけど、思ったよりも身長高くなりましたね。

どうだ?
夢が叶った感想は…?

えっと、すみません。ほぼ天井しか見えないです。

仕方ない。
じゃあ外に出てみるか…。

これ、相当しゃがまないと外に出られないですよ…。

ほら。外に出てきたぞ。

どうだ金城、夢が叶ってるんだぞ!

あ…!

ちょっと…!

風がヤバイです!

反省会

もう!いったいなんだったんですか!
結局映像はよく分からないままだったし、風で首を持っていかれるかと思いましたよ!

まぁ。ちょっと始めの設計が適当でちょっと身長高すぎたよね。

夢かなったんじゃない?一応だけど。

もうさ、身長高くなりたいなら牛乳飲みなよ。それがいいよ。

はい。夢が叶ったということで終了。

終わりかよ!

夢、叶えます

というわけで夢を叶える企画、第一回はスタッフ金城の「高身長の人が見ている世界を体験してみたい」でした。次回は誰の夢が叶うのか…?乞うご期待ください。