記事:オシャレな”いいオフィス”で、沖縄移住について登壇をしたレポートのイメージ画像

オシャレな”いいオフィス”で、沖縄移住について登壇をしたレポート

沖縄

Writing:
篠原周平

こんにちは、篠原です。
今回は「エンジニア&デザイナーが沖縄へのUIターンを考える」と言うイベントで登壇したと言うお話。

イベントの概要

移住を考えているIT系のエンジニアさんやデザイナーさんに、リアルな沖縄での生活や、労働環境、移住前と移住後の生活の違いについてなどを実際に移住したエンジニアやデザイナーがパネルディスカッションを行なうコーナーと、沖縄県の企業担当者と移住を考えている来場者を交えて交流会を行なうコーナー。
これら2つのコーナーを通じて、移住への理解を深めてもらうイベントだ。

0-1
0-2
因みに開催場所は日本屈指のオシャレコワーキングスペースのいいオフィス。どんな写真をとってもオシャレに仕上がる。多分、ふんどしになってもそれなりに見えるであろう。

イベントスタート

運営さんに企業ブースまで案内して頂き、準備。
1-1
1-2
今までの就職関連のイベントでここまでおしゃれなブースは初めてである。恐るべし、いいオフィス。
準備も整い来場者の入場も終わり、イベントスタート。
まずは沖縄県庁の小川様の挨拶である。
2
皆様、真剣に聞き入っている中で大きな音で「カシャッ」とXperia独特な大きなシャッター音をさせてしまった事を、この場を借りて謝りたく思う。

主要コーナーのスタート

パネルディスカッション

まずは私が登壇したパネルディスカッションがスタート。
ファシリテーターは@IT自分研究所の鈴木麻紀氏。
この鈴木氏、とにかく話が面白い。しかも聞き上手。
沖縄のこと、移住のこと、お金のこと、プライベートなこと、全てを曝け出さされた。
パネルディスカッションは大盛況。
時間が足りない様ほどの盛り上がり。話の続きは交流会へと上手くバトンタッチが出来たと思う。

余談では有るがパネルディスカッションの写真が無い。登壇しているので自分では撮れないので、本当は誰かにお願いしなければならないのだが、かなりの緊張状態だったためお願いを失念。
一緒にイベントに参加していた全研本社様と、多分来場者様のInstagramを拝借させて頂く。


全研本社新卒採用様のInstagramはコチラ。

交流会

そして、沖縄の企業担当者と来場者が入り混じっての交流会がスタート。
3-1
テーブルには沖縄県産品が用意されており、沖縄県に関する会話のきっかけを作ってくれていた。それにしてもあの固い菓子は何だったのだろうか。油断した。
3-2
会場はいくつかのテーブルに分かれ、それぞれ興味のある企業の担当者とザックバランにお話をしている。笑い声が絶えない。
込み入った話がしたい場合は、それぞれのブースでじっくり話ができるので、人の目を気にせずに話ができるから安心だ。

お話の最後に

4
そんなこんなで大盛況の内に幕を閉じた「エンジニア&デザイナーが沖縄へのUIターンを考える」。
移住を考えている方、全員にお話をするのであるが
「東京で仕事を見つけられる機会が有るのであれば、移住前に仕事を決めてから移住したほうが良い。」
である。
当たり前の話だが、移住は生活、定住。
必要な事は移住前に決めてしまって、安心して定住して頂きたい。
来月も渋谷で、沖縄県主催の移住イベント(沖縄県の企業が参加)が行われるそうなので、興味が有る方は足を運んでみてはいかがだろうか。
詳しくはIT Career 沖縄の更新をチェック。
http://www.uiokinawa.jp/