記事:自作マシンで海面に立つ夢を叶えようのイメージ画像

自作マシンで海面に立つ夢を叶えよう

特集

Writing:
ラソナ編集部
出演:
カッシー他2人

前回のあらすじ

前回から「スタッフひとりひとりの夢を叶えていく」企画がはじまった。
記念すべき第一回はデザイナーである金城由季乃の夢「高身長の人が見ている世界を体験してみたい」をVRで実現した。


vr

高身長の世界をVRで叶えよう

では、今回もスタッフの夢を叶えたいと思う。

RAZONA沖縄事務所

前回は無事に金城の夢が叶って、めっちゃ喜んでたな。

ちょっと背が高すぎましたけどね。台風も来て風が強かったので、BIG金城が腰から折れるかと思いましたよ。

じゃあ、今回も夢を叶えたいスタッフに来てもらおうか。

失礼しまーす!

おお、カッシーか。カッシーの夢ってなんなの?

いろいろあるんですけど、一番の夢は「海面に立つこと」です。
昔からおじいちゃんに、何かあったら海面を走って逃げられるような男になれ!って教えられていて。まずは立つことから初めたいなと思ってます。

海面を走って逃げるってどんな状況だよ!
でもこれがカッシーの夢なら今回もやるしかないのか。

まぁ、とにかくやってみましょう!

海面に立つ…ということはやっぱり竹馬なんじゃないかな。

いや、前も言いましたけどもうちょっと技術的な解決を考えましょうよ。とりあえず海面に立った写真が撮れればいいんじゃないですかね。

じゃあ海面に立った時にカメラが撮影を開始すればいいわけで…

…だんだん詰まってきましたね!

アイデアを出し合い、なんとか形にするべく奮闘する篠原と廣瀬。果たして海に立ちたいという夢を叶えることはできるのだろうか。

数時間後

失礼します!
こんなにワクワクして待ったのは久しぶりです。どうなりましたか!?

ジャーン!
できたよー。

わぁ、なんかすごそうな機械!

これは海面に立った瞬間に、カメラの撮影が開始される夢のマシーン「海面パシャっと君」だ。

その名前はどうかと思いますけど。

両方の靴に電極をつけて、水面に接触して通電するとスイッチが入ってiPhoneのシャッターをソーセージが押す、という仕組みになっている。

…え?電極?ソーセージ?
まったく理解できないんですけど?

ああ、もう!説明大変だからあとはこの動画を見てくれ!

装置の仕組み
この装置のスイッチは2本の線。これが繋がった時(通電した時)に装置が動いて、iPhoneのシャッターを押す仕組みになっている。2本の線をそれぞれ右足・左足の靴底に固定することで、足が離れている間はOFFだが、水面に靴底が着水した時に2本の線が繋がり(通電し)装置のスイッチがONに。制御にはプログラム可能なマイコンArduino(アルデュイーノ)が使われているが、実際iPhoneのボタンを押すのはソーセージである。

おおおお。想像していたのとはだいぶ違いますが、これで海に立つ、というか海に立った瞬間の写真が撮れるっていうことですね!

よし、じゃあみんなで海へ繰り出そうぜー!

サンセットビーチにサメが出た!

と、海に来たものの、何やらようすがおかしい。

ちょうどこの日、ラソナ沖縄から徒歩5分の場所にあるサンセットビーチに鮫の目撃情報があり、海は遊泳禁止。ニュースによると世界で最も人に危害を与えているオオメジロザメであり、波打際もご遠慮願うとある。

ちょっと!海に立つどころか海に近づくこともできないじゃないですか!

もう鮫の上に立てばいいんじゃない。
食べられそうになれば海面を走って逃げられるかもしれないし。

ブラックか!

なーんてね。
ほら、これ持ってきてるから。
海面に立つじゃなくて子供用プールの水面に立つになるけど。

…あっさり「海」の部分は諦めるんですね。

じゃあ、カッシー。おれたちはこれから仕事があるから事務所に戻るよ。
さっきの説明でわかったと思うが、これは一人で全部できる装置だから。あとは大丈夫だな?

え、ひとりでやるんですか?

海面パシャっと君で夢を叶える

反省会

カッシーおつかれー!
うまく撮れた?

…。写真をみてください。

水面についた瞬間に写真が撮れるんじゃなくて、0.5秒後ぐらいから連写がはじまるんですよ。
何枚撮っても水に落ちたところの写真しか撮れませんでしたよ。

ウケル。

でもさ、写真には写ってなくてもお前は水面に立ったんだよ。
それはお前がよく知っているはずだ。
記録よりも記憶に残っていたらそれでいいんじゃないか?

篠原さんいいこといいますね!じゃあ、カッシーの夢は叶ったということで。

二回目にしてこれでいいのか!

夢、叶えます

というわけで夢を叶える企画、第二回はスタッフカッシーの「海面に立ちたい」でした。次回は誰の夢が叶うのか…?乞うご期待ください。

 

おまけ:撮影風景