記事:業務中に筋肉をムッキムキにするライフハックのイメージ画像

業務中に筋肉をムッキムキにするライフハック

特集

Writing:
ラソナ編集部
出演:
任弼博他2人

前回までのあらすじ

「スタッフひとりひとりの夢を叶えていく」というこの企画。

前回は「業務中に居眠りしない」というスタッフ石川の願いをくさやの臭いで実現した。
…だんだん意味が分からなくなってきたが、スタッフの夢を今回も叶えていこうと思う。

RAZONA沖縄事務所

前回はくさやでしたか。
あれ結構大変だったんですけど全然反響なかったですね。

まぁそんな事もあるよね。
イシケンの事は忘れて今回の夢を叶えようぜ!

シツレイシマス!

おお。ニンニン!

任弼博(ニンニン)

2015年デザイナーとして入社。現在はコーダーの道を歩んでいます。中国人です。
好きなもの:ラーメン、刺身、甘いもの(例えばチョコレート)、沖縄の海。
嫌いなもの:苦いもの(例えばゴーヤ)、運動。
趣味:ゲーム、アニメ(最近忙しくて、見る時間少ないですTT)
将来の目標:自分でゲームを作って、コミケで販売します!

ニンニンの夢を教えてくれる?

ハイ。

ワタシ、筋肉ナイの悩みネ。
コレカラ夏に向けて筋肉ツケテムキムキニナリタイヨ。

いいね!夢っぽい!

デハ、ヨロシクオネガイシマス。

さて、と。筋肉をつける…どうしようか?

業務って言っても座りっぱなしですからね。
イスをバランスボールに変える的な?

IT業種ってだいたいバランスボールをイスにして仕事してるけど、あれ意味あるのかな?
それよりはもっと直接的に筋肉に作用する方がいいと思うんだよね。

いつものようにアイディアをまとめる2人。今回はどのようなものができあがるのだろうか。

3時間後

コンニチハ!
モウデキテル?

シャア!

できてるよ!

コレハ…?

エンターキー(大)だ。

ただデカいだけじゃないぞ!

中には強力なスプリングが入ってる。
この中の白いボタンを押すとマイコンから命令がパソコンに送られてエンターキーが押される仕組みだ。


装置の仕組み
Arduino Leonardoは、ATmega32u4チップを搭載したマイコンでPCと接続したときに自身をヒューマン・インターフェイス・デバイスとして認識させることができる。この装置はシンプルにボタンが押されたときにパソコン側にエンターキーの信号を送信する仕組みである。

今日の業務はキーボードのエンターじゃなくてこれ使ってくれ。

めちゃめちゃ腕筋鍛えられるぜ!

コレ!ホントニオセマスカ!?

エンターキー(大)の効果はいかほどか


カタカタ…

…………。


ダン!

ダン!ダン!

イ゛イ゛イ゛イ゛ィィィィィィ!

ゼンゼンオセナイヨ!コレ!

ラソナ会議室

ニンニン、ムキムキになってますかね?

今日の業務が終わる頃にはきっとすごいことになってるんじゃないかな。

楽しみですね!

チョットイイデスカ?

あれ?どうしたの?

ゼンゼンオセナイヨ。

ん…?

ゼンゼンオセナイヨ!コレ!
ソモソモコレツカッテタラ、ミギウデダケパンパンニナッチャウヨ!

まぁそうだけど。

真面目ニヤッテヨ!

仕方ないなぁ。確かにやっつけ感はあったから、もう一度考えるよ。

面倒臭いなぁ。

さらに3時間後

コンドコソデキテマス?

できてるよー!

今度は完璧だ。
全身を鍛えられる装置を作ったぜ。

早速説明しよう。
とりあえず廣瀬を傾けてみてくれ。

そうすると…

マウスが動く。

これで全身が鍛えられるぞ!

ちなみに胸のボタンは

右クリックになってる。


装置の仕組み
廣瀬の足下にジョイスティックを設置。傾きをマウスのXYに変換している。胸のボタンは押下時にマウスの右クリックをマイコンからPCに向けて送信するようにプログラムされている。

さあ!これで1日業務すれば全身を使ってムキムキボディ、間違いナシだぜ!

再び業務が始まる

……。

イ゛イ゛イ゛イ゛ィィィィィィ!


ヴァァァァ!

……。

ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!


ハァハァ…。

筋肉はついたのか

どうだった?筋肉ついた?

………。

イロイロヤリスギテ、ワケガワカラナイヨ。
コレナラフツウノ筋トレスルヨ。

うん。まぁそうだよね。

でもほら、色んな意味で逞しくなった気もするし。
夢が叶ったって事でいいんじゃないかな。

夢、叶えます


というわけで夢を叶える企画、今回はフロントエンジニア任の「筋肉をつけたい」でした。次回は誰の夢が叶うのか。次回もご期待ください。