記事:和の心でAirbnbゲストをおもてなしのイメージ画像

和の心でAirbnbゲストをおもてなし

特集

Writing:
ラソナ編集部
出演:
廣瀬雅一
篠原周平

閉じる×

他1人

– 某日 - RAZONA沖縄事務所

うーん。やはり人気の宿はすごい。
なるほど。なるほど…!

おお。廣瀬。
なにやってるの?

ああ、篠原さん。
最近僕もAirbnb(エアービーアンドビー)でホストを始めたんですよ。

Airbnb。
190ヶ国以上、34,000の都市で、100万件以上の物件を提供している部屋を貸したい人と泊まりたい人を繋ぐサービスで、最近うちでもホストをしたい人のためにワークショップを展開しているアレだな。

説明的なセリフ、ありがとうございます。
僕もホストを始めて物件を提供し始めたんですけど、なかなか申し込みがなくてですね。どうしたものかなーと思ってるんですよ。

ふーん。
なるほど…。

– 某日 - 廣瀬宅

今日は会社も休みだしなにしよっかな。
…ん?誰か来たようだ。

はーい。どなたですか?

…篠原さん!

来ちゃった☆
Airbnbの部屋、見せてよ。

いきなりなんなんですか…。まぁいいですけど。
僕の部屋2LDKなんですけど、こっちの部屋がAirbnbで貸し出してる部屋です。部屋はもう寝るスペースくらいしかなくてキッチン、トイレ、お風呂は僕と共用ですけど、たまに申し込んでくる外国のお客さんなんかは交流目当てで泊まったりしてくれるんですよ。

ふーん…。

なんかさ、無駄にシャレオツだよね。

これは必要無し。と。

ちょっ!
なにやってるんですか!!

いやさ、この前Airbnbの申し込みがなかなか来ないって悩んでたんじゃん。
家に来てみて確信したよ。この部屋には圧倒的に足りないモノがある。

マジすか…!その足りないモノっていったい…。

それはさ…

「和の心」だよ。

「和の心」…。すみません。何言ってるか全然分からないんですが。

まぁ見ててよ。

このテープの位置…。まさか…!

気づいたか…。
Airbnbの利用者は190ヶ国以上。彼らが日本に求めてくるのはシャレオツな宿じゃない。日本の文化に触れ合うこと…それが目的のひとつであるはず。

ならば自ずと答えは見えてくるはず。「和の心」。すなわち…。

相撲だ。

いや。多分関係ないっすよ。

さぁ。廣瀬のまわしも持ってきたから。
相撲取ろうぜ。

マジっすか…。

沖縄場所開催

準備整ったようだな。

いくぞ…!

ちょっと!
人の家の中で塩はやめてください!部屋を貸すとか、住むとかそれ以前の問題でしょ!

いちいちうるさいなぁ!
じゃあ外に投げるよ!

人の家のベランダをなんだと思ってるんですか。

細かいことはいいんだよ!
いくぞ!はっけよーい…!

のこった!

せいっ!

もう一本!

てーい!

どうだ!これが和の心だ!

うん。和の心は分かりました。
でもさっきから考えてるんですけど、これ本気でAribnbの部屋に関係無くないですか?

…そうだね。直接関係ないよね。多分。

もういいです。帰ってください。
今すぐ帰れ。

なんだよ!せっかく人が来てやったのに!
もう来ねぇよ!バーカ!バーカ!おまえん家お化けやーしき!

 

 

 

 

 

 

いったい何だったんだ…。

―― この後、3日くらい筋肉痛に悩まされたのであった。