記事:Razona Creative Carnival!学生たちの真剣なものづくりを大公開!!のイメージ画像

Razona Creative Carnival!学生たちの真剣なものづくりを大公開!!

小ネタ

Writing:
篠原周平
出演:
篠原周平他4人

こんにちは、篠原です。
先日、ラソナ沖縄事業所の夏の風物詩「Razona Creative Carnival(ラソナクリエイティブカーニバル)」が開催されました。

Creative Carnivalが始まるよー!#americanvillage #ida

ShinoharaShuheiさん(@gokucho)が投稿した動画 –

沖縄事業所が開設した2012年の夏に第1回目を開催して、そこから県内のデザイン系学生さん達に支えられ、今年で5回目のイベント開催と成りました。

ざっくりと何をするイベントかと言いますと
「学生さんに会社/職業体験をしてもらう。体験を通して何かの気付きに。」
実際のプロの現場で「ものづくり」体験をして、Web業界に興味が湧けば、Web業界へ来てくれる!そんなWelcome to the web industry !なイベントです。

で、当日。大雨。前も見えない程に。
そんな天候にも関わらずたくさんの学生さんにご来場いただき、感謝感謝です!
今年はIDA(インターナショナルデザインアカデミー)の1年生と2年生にご来場頂きました。

たくさんのご来場ありがとうございます

イベントでは4年前に実際にあった案件を少しカスタマイズして、オリエン→構成制作→デザイン作業→プレゼンの流れでチャレンジしいてもらいます。

まずは案件のオリエンです。
オリエン

休憩時間を忘れて作業に没頭。真剣な眼差しです。
没頭

ラソナスタッフもしっかり指導させて頂きました。
指導

みんなが作業に没頭中なので、学生さんから教えてもらったナウな画像加工テクニック。「SNOW」で盛った写真を「Prisma」で加工するテクニックをこっそりと試す篠原。
篠原でも10代になれるライフハック

4時間の作業時間はあっという間。
プレゼンの時間に。

プレゼン中の学生さん達プレゼン中の学生さん達プレゼン中の学生さん達

しっかりとクリエイティブに向き合い、自分なりのロジックを披露してくれて我々も関心することや、目からうろこな考えまで。教える側のはずが逆に勉強に成りました。

以上で昼の部「クリエイティブ体験」は終了です。


乾杯!
このイベント、実は2部構成でして、夜の部は「粉もんパーティ」を行っています!
ラソナ沖縄事業所のシンボル的なスペースであるフェスエリア(テントやDJブースが置いてある場所)に場所を移して「粉もんパーティ」がスタート。

学生さん達との交流は我々にとって刺激的な事が多かったです。学校のこと、就職のこと、ポケモンGOのこと。色々教えてくれてありがとう!

たこ焼きなど

宴もたけなわ、笑いすぎた人にしゃべり足りない人、色々ございます。名残惜しいですが今回のイベントはこれにてお開き。
今回参加してくれた就活組のほぼ全員が、弊社のインターンシップに参加してくれるので話の続きはその時に。

看板は金城と長松の制作です

ラソナ沖縄事業所では引き続きインターンシップを受け入れております。
興味がある方は以下のリンクからお申し込み下さい!
https://okinawa.razona.jp/internship